Skip to main content

ようこそ!  千葉工業大学 創造工学部          都市環境工学科 松島研究室へ

乾燥地から都市まで陸域の水文・気候環境について研究します

ホーム
研究室紹介
メンバー紹介
教員紹介
メンバーのログイン
研究業績
授業担当
お問い合わせ
メンバー紹介
2017(平成29)年度 在籍者
職位・学年名 前 研究テーマ
 教授松島 大土砂飛散(黄砂発生や農地からの)と土壌水分・植生との関係 
4年生阿部 大輝関東地方における都市温暖化量と集中豪雨発生頻度の関係
4年生大塩 尚弥モンゴルの半乾燥地帯における降水が発芽日に及ぼす影響
4年生小方 怜雄関東地方における都市温暖化量と集中豪雨発生頻度の関係
4年生金井 稜乾燥地を模した風洞実験による風速の強さによる結露量の変化の解析
4年生田中 克巳 塩分が土壌表層の水分に与える影響
4年生

長友 恭平

関東平野山麓における台風接近時の竜巻発生条件 

4年生二村 理智

 津田沼駅南口区画整理地域における冷気湖解析

4年生深谷 竜馬関東平野山麓における台風接近時の竜巻発生条件
4年生

渡辺 晃司

関東地方における都市温暖化量と集中豪雨発生頻度の関係
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
卒業生・修了生紹介
 
2016(平成28)年度  第11期
名 前 研究テーマ
川田 真広・沓澤 健吾 東京都における都市の高層化による都市温暖化への影響
小松 大起・和久井 拓磨 JR津田沼駅南口周辺地域における都市開発に伴う気温の経年変化
高町 航平 都市における集中豪雨について -地上風の収束の強さから見る-
高柳 俊介 開放型風洞の製作と乾燥土壌を模した結露量の測定実験

原 咲花

関東平野の山際における竜巻発生条件 

深谷 智典

砂質土壌モデルを用いた実験による粒径に応じた含水率と熱慣性の関係の検討 

蕨 昌幸 衛星・気象データを用いた半乾燥地帯における発芽日推定のための温度変換日数の開発
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2015(平成27)年度 第10期
名 前 卒業論文題名
淡路 皓文・小寺 利幸JR津田沼駅南口周辺における都市開発に伴う冷気湖の経年変化

小城 由莉

モンゴル国オンギ川流域における表層土壌水分状態の解析
北野原 雄大・小松 裕太竜巻発生時及び非発生時におけるリフティド指数(LI)の比較
 小松 隼人・本多 由樹火山性ガスと降雨の関連性について 

坊垣 将史

都市化が都市温暖化に及ぼす影響 -地域による相違とその検証-
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014(平成26)年度 第9期
名 前 卒業論文題名
阿部 聡土壌水分量センサーにおける測定値の温度依存性と誤差補正式の導出

大城 佑介・片岡 賢佑

竜巻注意情報発表時における竜巻発生時及び非発生時の大気安定度条件に関する比較
佐田 裕哉・山田 拓斗JR津田沼駅南口周辺における土地区画整理に伴う熱環境の経年変化
 座間 清司郎・清水 雄斗東京都における都市の高層化による集中豪雨発生傾向の変化 

本多 孝典

衛星・地上気象データを用いた半乾燥草原における発芽日推定のための積算温度の開発
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2013(平成25)年度 第8期
名 前 卒業論文題名
石野裕太・薄井直人・前島広明降水セルの発生と大気安定度から見る夏季の都市における集中豪雨の発生について
大家史也・矢部貴大都市における高層化・過密化による気温経年変化への影響
竹田啓司JR津田沼駅南口地区周辺における都市開発による気温の変化
前田直樹・宮崎 隆千葉県における竜巻発生時のメソ前線と大気パラメータの特徴
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2012(平成24)年度 第7期
名 前 卒業・修士論文題名
王 明常(客員研究員)スケールモデルを用いた都市人工排熱量推定方法の研究(研究テーマ)
元吉るい(修士)都市気候評価に用いるための地上と高層階周囲における外気条件の評価
浅野亮真・池田美由紀・藤松啓介空開地の人工被覆化が与える周辺市街地における熱環境の変化
大森英幸・村石泰山・吉岡潤輝

ゴビ砂漠及び周辺草原地帯におけるダスト発生域変動の解析

佐藤千尋

屋外環境における蛍光ライダーを用いた花粉の自家蛍光の検出

鈴木健也・千葉士恩埼玉県・鳥取県の熱中症危険度に関するハザードマップの作成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2011(平成23)年度(第6期)

名 前卒業論文題名
池野政宣・石神和馬・松本正和鏡面反射と街路樹が及ぼすストリートキャニオン内への熱的影響
長田達矢土地区画整理事業が周辺地域に与える熱環境の変化
親富祖尚俊・佐藤 翔高層化・過密化による都市の気温経年変化への影響
宮城調啓・伊藤一磨さいたま市の都市環境気候図の作成
大川達也・萩原理紀

ゴビ砂漠におけるダスト発生域変動の解析

 
 
2010(平成22)年度(第5期)
名 前卒業論文題名
猪狩達也・滝澤真司タンクモデルによる夷隅川の流出量推定
磯崎由佳・今井 亨ストリートキャニオン内の鏡面反射による熱的効果の検証
佐藤恒太・椎葉俊樹

JR津田沼駅南口地区における潜在的気候緩和機能

及びその変化の研究

藤村由理子・元吉るいクリマアトラスによる千葉市周辺の問題点把握及び改善策の提案
 
 
2009(平成21)年度(第4期)

名前卒業論文題名
安倍啓祐・石井 皓市街地におけるオゾン吸着量と大気中の化学反応による消滅量の推定
伊藤 学・今野真士

タンクモデルを用いた夷隅川の流出解析

伊藤宏晃・宇津木宏明土壌含水率と飛砂の関係を用いた飛砂状況マップの作成
大木健太郎街路樹がもたらすストリートキャニオンへの熱的効果

佐藤昇之・中島知大・

宮内友佳莉

千葉市周辺におけるクリマアトラスの作成
 
2008(平成20)年度(第3期)

名前卒業論文題名
鈴木章仁・渡辺智仁京葉地域の土地被覆変化に伴う都市温暖化量推定
泉水洋介・竜崎達郎八丁堀ビル街における路面と壁面の熱流量の測定
中村剛志中国陝西省における食糧問題
立澤康至実測値に基づくリンゴ圃場における炭素収支の推定
瀬川天平保水剤による土中水分保持効果の検証
尾形文徳・善林義弘擬似都市キャニオンの壁面緑化による熱緩和効果の検討
滝沢祐紀・長 浩之千葉県における大雨の降水パターン
大前直美市街地におけるオゾン吸収量の観測
 
2007(平成19)年度(第2期)

名前卒業・修士論文題名

菰田泰孝(修士)*

貯水体を有する保水性舗装システムの性能評価に関する研究

逸見将志(修士)*

都市部に立地する農地の微気象特性に関する研究

-千葉県習志野市JR津田沼駅南口地区を例に-

車谷賢司・佐藤正晴

風洞実験を用いた緑地配置の構成変化による

ヒートアイランド緩和効果の検証

橋本 昂土壌熱慣性と土壌含水率の関数関係の推定
内山裕一・成澤龍太朗千葉県内の気温の経年変化に対する都市化の影響
加藤友一年輪解析によるリンゴ圃場における炭素蓄積量経年変化の推定
遠藤康弘・成田拓朗都市部における熱輸送と風上方向の土地被覆・人工排熱分布の比較
酒井 亨都市域におけるO3吸収量について
近藤祐希・山根大地谷津地形における土地被覆による冷気流出の相違
 *在学中は本学科社会基盤研究室(大迫研究室)所属。本研究室のゼミ等にも参加
 
 
2006(平成18)年度(第1期)

名前卒業論文題名
田中暁人睡眠時間が屋外における温熱感に及ぼす影響について
大野智美風洞実験に基づくヒートアイランド緩和効果の検証
伊藤正直埼玉県におけるヒートアイランド現象の経年・地域別変化について
古川武典千葉県における降水パターンの地域特性
石戸大介衛星画像のRGB情報による森林立ち枯れ領域判別法についての研究
柿原裕之リンゴ園における渦相関法と傾度法による熱収支の比較
小谷康弘二方向反射特性を利用したモンゴルの地表面の衛星反射率データ補正
阿倍 靖

千葉県と近隣地域でのイオンを用いた主成分分析による

酸性雨中のイオン濃度の地域特性

青木美恵            簡易オキシダント測定法の検証
苅込 佑千葉県の過去100年間の土地利用変化に伴う気候変化