Skip to main content

ようこそ!  千葉工業大学 創造工学部          都市環境工学科 松島研究室へ

乾燥地から都市まで陸域の水文・気候環境について研究します

ホーム
研究室紹介
メンバー紹介
研究業績
学会発表
授業担当
お問い合わせ
学会等での講演(2011年以降)
 
Matsushima, D., J. Asanuma and I. Kaihotsu (2017): Spatio-temporal distribution of surface soil moisture derived from thermal inertia using multi-satellite data over a semi-arid steppe in Central Mongolia, 14th Annual Meeting, Asia Oceania Geosciences Society (AOGS), Singapore.
 
松島 大・根本 学 (2017): テンサイ作付地域における土壌飛散発生条件に関する予備的検討, 日本農業気象学会2017年度全国大会, 十和田.
 
松島 大・浅沼 順・開發一郎 (2016): 土壌組成をパラメータとした熱慣性と土壌水運の関係の変化, 2016土壌水分ワークショップ, 東京.
 
松島 大・木村玲二 (2016): ダスト発生頻度と地表面状態の関係~高空間分解能リモートセンシングプロダクトを用いた研究, 鳥取大学乾燥地研究センター共同利用研究発表会, 鳥取.
 
松島 大・松岡延浩 (2016): 千葉県北部における強風時の風塵発生と表層土壌熱慣性値との関係, 日本農業気象学会関東支部2016年度例会, 我孫子.
 
Matsushima, D., R. Kimura, Y. Kurosaki and M. Shinoda (2016): Spatial distribution and interannual variation of subsurface soil moisture conditions over a steppe in Mongolia , International Symposium on Agricultural Meteorology (ISAM) 2016, Okayama.
 
松島 大・浅沼 順・開發一郎 (2015): 表層土壌熱慣性推定値と土壌水分実測値及びAMSR2土壌水分プロダクトとの比較, 水文・水資源学会2015年度研究発表会, 八王子.
 
Matsushima, D., R. Kimura and M. Shinoda (2015): An approach to estimate spatial distribution of surface heat fluxes using satellite data and a heat budget model over a desert steppe, International Symposium on Agricultural Meteorology (ISAM) 2015, Tsukuba.
 
Matsushima, D. and R. Kimura (2014): Estimating Spatial Disturbution of Surface Soil Mositure Conditions Using a Downscale Technique with Thermal Inertia Retrieved from AMSR2 Soil Moisture Products, Fall Meeting of American Geophysical Union, San Francisco.
 
松島 大・木村玲二・黒崎泰典 (2014): 熱慣性を指標とする 広域土壌水分条件の推定, 日本農業気象学会2014年全国大会, 札幌.
 
Matsushima, D. and R. Kimura (2014): A development of soil moisture products of AMSR2 with higher spatial resolution using combined satellite data and a surface heat budget model, Joint PI Workshop of Glocal Environmental Observation Mission 2014, Tokyo.
  
Matsushima, D., R. Kimura and Y. Kurosaki (2013): An Estimation of Spatial Distribution of Surface Soil Moisture Conditions by a Thermal Inertia Method with an Application to Govi Steppe, 2013 International Workshop on Terrestrial Change in Mongolia, Tokyo.
 
Matsushima, D. and R. Kimura (2013): A development of soil moisture products of AMSR2 with higher spatial resolution using combined satellite data and a surface heat budget model, Joint PI Workshop of Glocal Environmental Observation Mission 2013, Tokyo.
  
松島 大 (2012): 区内観測資料を用いた都市温暖化量の推定, 2012年度日本建築学会大会学術講演会, 講演番号40342, 名古屋.
 
元吉るい・松島 大 (2012): 都市環境評価に用いるための地上と高層階周囲の外気条件の検討, 2012年度日本建築学会大会学術講演会, 講演番号40343, 名古屋.
 
松島 大・木村玲二・篠田雅人 (2012): 熱慣性を用いた土壌水分条件の推定とその応用, 2012年度日本惑星科学連合大会, 千葉.
 
Matsushima, D., R. Kimura, and M. Shinoda (2012): A method for estimating threshold wind speed of dust emission with an application to the steppes in Central Mongolia, International Symposium on Agricultural Meteorology (ISAM) 2012, Sakai.
 
松島 大・木村玲二・篠田雅人 (2012): 熱慣性を用いた裸地面上におけるダスト発生臨界風速の推定法, 第56回水工学講演会, 松山.
 
Matsushima, D, R. Kimura (2012): A development of soil moisture products of AMSR2 with higher spatial resolution using combined satellite data and a surface heat budget model, Joint PI Workshop of Glocal Environmental Observation Mission 2011, Tokyo.
 
松島 大 (2011): 福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質拡散の公開データに基づく解釈, 日本農業気象学会関東支部2011年度例会, つくば.
 
松島 大・木村玲二・篠田雅人 (2011): モンゴルにおける風食臨界風速空間分布の経年変化~地上気象観測データによる検証~, 鳥取大学乾燥地研究センター共同利用研究発表会, 鳥取.
 
松島 大・今井 亨・磯崎由佳 (2011): 建物外皮の反射特性に応じた街路内熱環境に関する検討, 2011年度日本建築学会大会学術講演会, 講演番号40381, 東京.
 
松島 大・木村玲二・篠田雅人 (2011): 熱慣性を用いた表層土壌水分量推定に関する研究, 第55回水工学講演会, 東京.